2×4材が見えたままでも良いのですが、ここは壁も作ってオシャレ度をアップさせます。

壁部分には、杉の野路板を使用します。

杉の野路板を買ってきました。表面は荒れ放題です。

私は、近所のカインズホームで買いました。

12cm厚さ12mmのものを利用しました。

幅は160cmとします。

55インチのテレビなので、幅が120cmくらいあるので、設置した時のテレビの横の余裕部分を左右20cmくらい取りました。

本当は、幅180cmくらいでも良かったのですが、テレビの横にDVDプレイヤーなどを設置する棚を置く予定なので、そこの幅部分を確保するために、160cmとしました。

まずは、野路板をなんとかしないといけません。

これ、8枚で1080円と安いのですが、ヤスリも何もかかっていないので、荒れ放題になっています。

ヤスリがけして、表面をきれいにしないといけません。

本当はカンナで一皮むくのがいいのでしょうが、持っていないもので。

手でヤスリを掛ける場合、気の長くなる作業になるので、電動のサンダーを用意することをおすすめします。

私は、60番でひたすら表面処理をしました。

サンダー作業する場合、マスクをして軍手をすることをおすすめします。

粉塵を吸ってしまうのを防ぐのと、手がしびれるのを防ぐためです。

右が処理前、左が処理後です。

杉の野路板をサンダーでヤスリがけします

これを繰り返します。

これは、右が処理後、左が処理前です。

杉の野路板をヤスリがけしました。

ぜんぜん関係ないですけど、やすり作業って無心になれるので大好きです。

ひたすらやすりたいです。

さて、ヤスリの後は、色をつけます。

今回は、ウチの床やその他の家具の色とのバランスから、アンティークワックスのチークを使用しました。

アンティークワックスのチークです。

左が塗る前、右が塗った後になります。

杉の野路板にアンティークワックスのチークを塗り込みました

布を用意して、ワックスつけて木材に塗りこんで、10分ほどしたら別の布で吹き上げる、これを繰り返します。

上が塗った後、下が塗る前です。

杉の野路板にアンティークワックスを塗り込みました。

塗り終わりました。

杉の野路板にアンティークワックスを塗り込みました

これを2×4材に固定していきます。

はい、完成。

SONY BRAVIAをDIYで壁掛けしました。

まったくもって写真を取り忘れていますが、上部にはLEDの間接照明を仕込んでいます。

100均で買ってきた電源スイッチを間に挟んで、オンオフできるようにしています。

またテレビの左横部分は、取り外しができるようにして、ケーブル類の取り回しができるようにしました。

SONY BRAVIAを壁掛けにしました。壁の一部を取り外しできるように細工しています。

ということで、テレビの壁掛け作業は終了です。

次は、テレビ横のDVDプレイヤー収納棚を作りたいと思います。

私からは以上です。

カテゴリー: DIYhomeリビング

cafecappuccino

千葉県在住。 家を住みやすく、楽しくするための小物やDIYなんかの情報・アイデアを書いています。 love cats ,dogs,apple,wine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です