テレビを壁掛けにしたのですが、DVDプレイヤーなどの置き場所がなくなってしまいました。

機器類の置き場所がなく、IKEAのステップの上に置いていました

なので、DVDプレイヤーやテレビのサウンドバーのサブウーハーなどを収納する棚をDIYすることにしました。

収納したいもの

  • DVDプレイヤー
  • ゲーム機
  • 録画用ハードディスク
  • SONY サウンドバー CT380のサブウーハー
  • その他

材料

木材は、いつものジョイフル本田で買ってきた、杉の破風板です。
今回は前に買ってあったもののあまりで作ります。
しかし、のこぎりでまっすぐ切るのは難しですね。
素直に丸ノコで切ればよかったです。
今回は、棚板を受けるところを、トリマーで溝をほってみました。
ちょっとしたアクセントになればいいなと。

端材でルーター用のガイドを固定しています。

端材でトリマー用のガイドを固定しています。

ガイドに沿って、ルーターで作業します。

ガイドに沿って、トリマーで作業します。

塗装について

塗装は、WATOCOオイルのダークウォルナットです。

WATOCOオイルのダークウォルナットです

WATOCOオイルのダークウォルナットです

壁掛けテレビの横に設置するので、前回と同じアンティークワックスでも良かったのですが、あまり同じ色で一面を埋めてしまうのもなんだかなぁという感じなので、ちょっとだけ変えてみました。
左が塗った後、右が塗る前です。

杉破風板にWATOCOオイルを塗りました。右が塗る前、左が塗った後です。

杉破風板にWATOCOオイルを塗りました。右が塗る前、左が塗った後です。

塗りやすさから言えば、アンティークワックスの方が好きな感じですね。
スリスリしながらワックス塗るの、好きなんです。
オイルは、匂いもしますしても汚れがちになりますね。
仕上がりは、オイルの方がシャビーな感じでしょうか。

脚をつけました

あと、今回は脚をつけました。

脚部分は杉材、幕部分はSPF材の1x3を使用しました。

脚部分は杉材、幕部分はSPF材の1×3を使用しました。

今まで棚をいくつか作っているのですけど、ホコリが溜まりやすくなってしまうので、脚をつけて掃除機をかけやすくしました。

脚の幕部分は、SPF材にしたので、塗装後の色合いもちょっと異なっているのも、私は好きです。

見た感じも、脚があったほうがアクセントになって良い感じです。

幕部分と脚は、シンプソン金具で固定しています。

まとめ

壁掛けテレビの横に置いた感じは、色は若干違いますが、テイストがあっているのと、DVDプレイヤーなどの機器の黒色とワックスの色がマッチしていて、いい感じです。

DVDプレイヤーなどの機器類を収納する棚をDIYしました。

DVDプレイヤーなどの機器類を収納する棚をDIYしました。
ケーブルのごちゃごちゃをなんとかしないといけないですね。

壁掛けテレビの横に機器類を設置する棚を置きました。

壁掛けテレビの横に機器類を設置する棚を置きました。

という感じで、壁掛けテレビ横のラックの完成です。
私からは以上です。

カテゴリー: DIYhomeリビング

cafecappuccino

千葉県在住。 家を住みやすく、楽しくするための小物やDIYなんかの情報・アイデアを書いています。 love cats ,dogs,apple,wine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です